花粉症外来・舌下免疫療法・エピペン

花粉症外来

当院では花粉症の診療を行っています。

これまで他院で内服薬、外用薬などを処方されていた方は、お薬手帳などを持参いただくとスムーズです。

個々人の症状に合わせて、内服薬や外用薬を組み合わせて症状を軽くすることを目指します。

舌下免疫療法

当院では、スギ花粉症、およびダニによるアレルギー性鼻炎に対する根本的治療といわれる、舌下免疫療法を行っています。

舌下免疫療法はこんな方にお勧めです。

アレルギーの症状が強い。

・症状が強いが、効果の強いお薬が眠気があって使用できない。

お子さんが症状が強く、将来の学業、受験に影響するのではないかと心配。

・アレルギー性鼻炎と、気管支喘息やアトピー性皮膚炎を合併している。

約80%の方が効果を実感しています。少しでも興味を持たれましたら、一度ご相談ください。

治療開始には確定診断が必要となりますので、初めての診察時に血液検査で確認をさせていただくことになります。確定診断後、2回目の診察時から治療が開始されます。

スギ花粉症の舌下免疫療法は、スギ花粉飛散期の1月から5月ごろまでを避けて開始します

ダニによるアレルギー性鼻炎の治療は、随時行っております。

詳しくは、お電話でお問い合わせください。

エピペンの処方

これまでアナフィラキシーを起こしたことのある方を対象に、エピペンの処方をしています。

エピペンは、アナフィラキシーが現れたときに使用し、症状の進行を一時的に緩やかにし、ショックを防ぐためのお薬です。

近年は、学校でのアレルギー管理が厳重となり、エピペンの処方などを勧められるケースも増えてきています。

受診の際には、過去のアナフィラキシーの際に実施した検査結果などがあれば、持参いただければと思います。問診や血液検査などを実施し、ご相談の上、必要と判断した場合に処方します。